September 5, 2017

フライドポテトは英語はじゃない?

 ©なんちゃって英会話


フライドポテトって、ちゃんと「フライ『ド』」って「揚げ『た』」っていう受け身になってるし、ジャガイモはポテトだし、文法的には合ってるので、ちゃんとした英語です。

でも、ハンバーガー屋さんでフライドポテトって言いません。多分きっと、フライドポテト下さいって言うと、「揚げた芋下さい」みたいになってしまうのではないかと思います。

「揚げた芋」は日本語の文法として間違ってないけれど、慣習的に「揚げた芋」とは言わないですよね?みなさんは何て言う?そう、「フライドポテト」。


北米では、よくハンバーガーショップで売ってるあのフライドポテトは

Fries
フラー

と呼ばれています。
フレンチフライズのフライズです。

なぜフレンチかというと、フランス語を話す移民(ベルギー?)がニューヨークでなんちゃら、ってミステリーハンターが言ってました。詳しくはググって下さい。

このブログBloggerの運営はGoogleなので私はGoogle推しです)


ちなみにイギリスとかニュージーランドとかの British English ではfriesと言わず、はい、そうです、fish and chips でおなじみ chips ですね。


というわけで、やたらカタカナを使いたがるちょっと気取った人が「フライドポテト」と言うと「タートルネックをとっくりって言った人のこと笑ってるけどフライドポテトも英語じゃねーし」と思うし、「ポテトのMサイズ」って聞くと「やたら横文字言ってる風だけどそれ本当は medium (French) fries だし」と思います。


とはいえ日本でフライズと言っても通じないので、おとなしく「ポテトの〇サイズください」って言っているので人のこと言えないんですけどね。



※すべて個人の感想です。

No comments:

Post a Comment