February 15, 2018

憧れの英文タッチタイピング







タッチタイピング、当面の目標は 50wpm です。今はだいたい 43 wpm ぐらいです。昔は40 wpm にも届かず、採用試験で落とされ面接までたどり着けないぐらいでしたが、今はやっと40超えました。




wpmというのは、words per minute の略で、一分間に何ワード打てるか、という指標です。何文字か、ではありませんよ。何ワードか、です。



例えば400字詰め原稿用紙に、「word」 と書いたら4文字埋まりますが、作文の宿題で300ワード程度書きなさいという指示の場合、「word」と書いても1文字にしかならないのです。ひぇぇぇ!





そこで一生懸命練習して、プログもケータイではなくパソコンのキーボードで打つようにしていたいのですが、あることに気が付きました。



日本語でタイピングの練習をしても仕方がない、ということ。



オタクで、ずっと家に引きこもってチャットばかりしていてタイピングがめちゃくちゃ早い人でも、英語の綴りがわからないと、早く打てないのです!



良く使う単語は割と早く打てるのですが、人名や地名が出てくると急にスピードが落ちます。あと小指つかうのも苦手。people とか。



僕は左利きなのですが、絶対右利きに有利に出来てるよね、としか思えません。「you」 とかすべて右手の指だし。



でも話すスピードでカチャカチャ打てる人ってかっこいいですよね。日本語の場合漢字の変換で欲しい漢字がなかなか出てこなくてイライラしますけど。



四十半ばなんですけど、タイピングも早くなりますかね。



がんばりマンモス。







No comments:

Post a Comment