September 17, 2017

FF外から失礼します



本記事は英会話ネタではありません。
日本と英語圏の文化の違いのようなものについて書きます。


ツイッターの、

  • FF外から失礼します
  • 巻き込んでますよ(巻き込みリプ)
  • フォローのお礼 フォローのお礼と言うか挨拶は英語圏でもなきにしもあらず


日本でツイッターが流行る前から国外でアカウント登録をして、日本人ユーザーが拡大した頃に日本語ユーザーのツイートを見始めた頃に、

日本人同士で独自のルールや勝手なマナーを勝手に作ってそれを守らない人を批評しているという村社会の縮図

を見た気分になりました…。

ツイッターやインスタグラムが日本発祥ならまだしも、そもそも知らない世界中の人々の発言も読めたりシェアしたりできるツールとして広まったのがツイッターなのに。

なんだか「いいね」をしたりリツイートをするのも怖くなってしまいました。
そりゃ「公園デビュー」って言葉も出来るわけだ。暗黙のルールとかわからないもんね…。


英語でツイッターをやっていると、例えカナダでカナダ在住の人向けにカナダのことを呟いても、アメリカやイギリスはもちろん、アフリカやアジア、ヨーロッパなど、英語圏以外からも検索に引っかかったりハッシュタグでつながったりしてコメントが来ます。

リツイートのボタンが表示されている限り、知らない人に話しかけるのが良しとされる文化圏の人に「無言リツイートお断り」なんてのは通じません。

「リツイートする」のボタンは機能しているのに、
「FF外からのリツイートはお断りします」
という、アプリの機能以上のことを言葉で強要するのって、怖い。ツイッター社が良いって言ってることをダメって言うなんて。

日本流にアレンジして決まりを作って縛っちゃう怖さ(ダサさ?)とでも言いましょうか。

県庁所在地の〇〇市(新興住宅地)に住んでいた頃には普通に市営公園のブランコで遊べていたのに、近隣の□□町(先祖代々住む人ばかり)に引っ越して来たらブランコを利用するのにガキ大将(同級生△△君のお兄ちゃん)の許可が必要になった、みたいな感じでしょうか。(余計わかりづらい例えw)

まあ「FF外から失礼します」もフォローのお礼も丁寧でだし言われた方も嫌な気はしないとは思いますが、無言フォローが失礼にあたるようなものとは思えません。




No comments:

Post a Comment