June 13, 2018

休憩から「戻りました」って英語でなんて言う?

 

お世話様でした?




昼休みから職場に戻ったら何て言いますか?
特に交代制で自分の持ち場を担当しててもらった時とか。

日本時代は

「戻りました~」
「お世話様でした~」
「お先にお昼ありがとうございました~」

などと言っていましたが、今の職場ではあまりそういうことは言いません。



「休憩ありがとうございました」なんて、どこの奴隷だよって話ですし。

「休憩行ってもいいですか?」ではなく「休憩行ってきます」という感じなので、先輩よりも先にお昼に行ったからと言って「お先にお昼ありがとうございました」なんて言わせていたあの会社、許さんぜよ(注:退社して二十年経ってます)。

休憩は権利なので、上司の許可が特別に必要なものではありません。一声かける必要はあるかもしれませんが。

とにかく、戻ったら何かを言わないと気が済まないので
I'm back.
とか言っていました(結局「戻りました」と言っている)。



さっきも会ったのに Hello




カナダ人を観察していると、どうやら Hello = こんにちは、というわけでもないようです。

「もしもし」も Hello
「やぁ」も Hello
「お邪魔しま~す」も Hello

というように、一日の最初に「おはようございます」なり「こんにちは」なり言っても、何度でも言う言葉のようなのです。


というわけで休憩から戻って「戻りました~、お世話様でした~」に相当する英語は、

Hello.

です(ズコーッ)。


Helloは「こんにちは」よりも使用度が高く、例えば
「〇〇さんすみません、お時間よろしいですか?」
の代わりに、
「ヘロゥ~?」
と茶目っ気たっぷりに言うことができます、というかカナダ人同士ではそう言っています。




…とここまで書いて、自分はそう言われずに「エクスキュ―ズミー、〇〇(名前)」と言われていることに気付きました。

同郷出身者同士(または英語のネイティブ同士)のあのくだけた感じとは違って、丁寧に接してくれるんだーと今実感。

ブログをやっているからこそ気付きました。
という書き始めには思ってもみなかったとんでもない着地点で〆たいと思います。





No comments:

Post a Comment