September 15, 2017

イギリス英語とアメリカ英語の間で



今回はなんちゃって英会話講座の本領発揮の記事です。
どうやって発音をごまかすか、です。

発音に関しては、ざっくり言うとカナダ英語ってアメリカ英語とイギリス英語の間なんじゃないかと個人的には思っています。

例えばHotは
イギリス英語では口を「お」の形にして「ホット」、
アメリカ英語では口を「あ」の形にして「ハット」。

Danceは
イギリス英語では口を「あ」の形にして「ダーンス」、
アメリカ英語では口を「え」の形にして「デァンス」。

Walkは
イギリス英語では口を「お」の形にして「ウォーク」、
アメリカ英語では口を「あ」の形にして「ワーク」。


Water
イギリス英語では「t」が「ち」の音で、イコライザーの一番右(ドンシャリのシャリ)が一番上まで上がってる感じにして「ウォーチャー(?)」
アメリカ英語では「t」を「d」みたいにしてさらに「r」が強い感じで「ワードゥー(ルみたいなドゥ)」。


…だと個人的には思っているのですが、カナダ英語の場合は、これら英語と米語の間ぐらいの音で力を抜いて軽く言えばそれらしく聞こえるというのが経験上わかりました。

Hotの「o」
イギリス英語ほど「お」じゃないけどアメリカ英語ほど「あ」でもない。
→(ハに近いホで)/hɒt/

Danceの「a」
イギリス英語ほど「あ」じゃないけどアメリカ英語ほど「え」でもない。
→「デェァンス」の「ェァ」を短めにサラッと /dæns/

Walkの「a」
イギリス英語ほど「お」じゃないけどアメリカ英語ほど「あ」でもない。
→「ア」に近い「オ」で/wɔk/


Waterの「t」
イギリス英語ほど「ち」じゃないけどアメリカ英語ほど「だ」でもない。
→間をとって「ウォートゥー/wɒt ər/ 」

まあ発音ネタを文字でやってんなよ、って話ですよね。すみません(笑)。

イギリス英語やアメリカ英語の場合、それぞれしっかり発音しなければいけない、いわば悪意のあるモノマネをする感じだと思うのですが、カナダ英語の場合は英と米の両極端にならないことを心がけて、力を抜いて、なんなら小声でさらっと言ってあわよくば聞き流してもらうつもりで発音するぐらいの雰囲気モノマネ路線が良いのでは、と思っています。


※もちろん個人の感想です。


No comments:

Post a Comment